トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[31] [30] [29] [28] [25] [24] [20] [19] [18] [17] [16]
2019/12/14 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/04/06 (Tue)
おとんとよーへー

コンプレックスの後

4告白の補完的なもの
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

隆「うーん・・・。勲子ちゃんは恋の事で相当追い詰められていたみたいなのよねぇ・・・。陽平ちゃん、心あたりある?」

陽「あー、一ノ瀬の事か?」

隆「勲子ちゃん、あの男の子の事が好きだったの?」

陽「元カレだってさ。ひどい振られ方して、別れてからは相当恨んでたみたいだけど。」

隆「恨んでいながらも、ずっと好きでいたのかしら?」

陽「いや、それは無い。」
(今はおとんに惚れてるっぽいし)

隆「うーん、じゃあ、どっちかしら?」

陽「何が?」

隆「勲子ちゃんを悩ませた、わるーい男。」

陽(お前だああぁ!!!)

陽「どっちって、誰と誰?」

隆「陽平ちゃんと王ちゃん。」

陽(どっちもちげええぇ!!!)

陽「おとんっていう選択肢は無いの?」

隆「アタシはただの相談役だもの。」

陽(全く気付いてねえええぇ!!!)

隆「・・・この前だって、アタシに助けを求めてた・・・。」

陽「・・・なんだよいきなりしんみりして。」

隆(勲子ちゃんは、アタシをどういう風に思っているのかしら・・・。同情でいいから付き合って欲しいなんて・・・。失恋を慰めて欲しかったにしても、アタシはそんなに軽々しく思われたのかしら?)

陽「おーい?」

隆(勲子ちゃん、どこか焦っていたみたいだったし・・・。早く心を預けられる相手が欲しかったのね。・・・そう考えれば、アタシは信用されているとも言えるわね・・・。)

―――同情で抱いてでもくれるんですか!!

隆(・・・何であんな事言ったのかしら・・・。そんな軽い女の子じゃない筈よ。自棄になったせいだと思いたいけど・・・。)

隆(勲子ちゃんは自棄になると危ない事を引き起こそうとする癖があるのかしら・・・。あの時アタシが勲子ちゃんを受け入れていたら、あの男の子と同じような立場になっていたのかもしれない・・・。)

隆「自棄になった勲子ちゃんを受け入れて傷付けたりしてはダメよ。ちゃんと目を覚まさせて、正しい方向に導いてあげなきゃ。」

陽「何の話!?」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

散々考えて、飛躍した答えが出てくるおとん。
どれだけ考えても、「勲子はおとんの事が好き」という一番シンプルな答えを出せない。
同性の目線で相談に乗っている事もあって、自分が恋愛対象になるとは思わないようです。

陽平はコンプレックス後に勲子の片思いの相手を知って、ちょっと対応が変化しそうな気がする。だが絶対応援はしないと思う。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]