トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
2019/12/14 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/04/04 (Sun)
まとめ
1話
2話後編

勲子の過去。

勲子と陽平と誰かの話。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

・・・お姉が家に彼氏を連れてくるらしい。

イチャイチャするさまを見るのは悔しくて狂いそうなので、「うちもカレシに会ってくる!」と嘘ついて、めいっぱいおしゃれして、家を飛び出した。

・・・手芸店行こう。うちもドキドキが欲しい。
せっかくおしゃれしたんだもん。

・・・と、思ったら飯原先輩発見。よし。しっと団活動で憂さ晴らししよう。そうしよう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「うわっ!早速リア充発見!しかも彼氏イケメン!ばくはつしろ!女はケバいけど」

飯原先輩の目線の先にいたのは、見覚えのある顔だった。

あいつ・・・!
一ノ瀬 嗣・・!

「先輩っ!逃げよう!!」
「は?何言って・・・」

「あれ?もしかしてイサ?変わったな~。」

気付かれた・・・

「可愛くなったな~。びっくりしたよ。」
「何いってんのツグ~!こんなデカ女よりウチのほうがカワイイじゃん!」
「ああ、ハイハイ。ところでイサ、隣のチビ誰?弟?彼氏じゃないよな?」

「馴れ馴れしく呼ばないでよ。あんたには関係ない。」

「嬉しい癖に・・・。俺の事まだ好きなんじゃないの?」

・・・ぷちん。
うちの中で、何かがはじけた。

ふざけんな・・・!

「えーありえなーい!ツグはウチのだっつの!身の程知れって感じ!」
「おま、ちょっと黙れ・・・」
「えーでもこの女・・・」

人の気も知らないで・・・

「黙るのはアンタだよ!!!二度とうちの前に姿現すな!!

いこっ!先輩!」

「へっ!?」

うちはボー然としていた先輩の腕を引いて、その場を立ち去った。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「なんだったんだあいつら・・・」
「言いたくないけど、元カレです。」
「はぁ!?いたの!?」

「3日だけですけどね。
うちが告白したんスよ。周りに身長とか体格とか比較されて、からかわれて、一ノ瀬から、『何となく告白受けたけど、お前と歩くの恥ずかしいから別れるわ』って、一方的に告げられて。」

思い出しながら沸々と怒りが込み上げてくる。

「揚句の果てに、うちとつきあってたってのが、単にうちの妄想だって事にされた。」

「うっわひでえ・・・信じらんねぇ。・・・あいつの事、今は」

「大っ嫌いです。明日にでも死んで欲しい位。」

これは、冗談抜きに。
あの時、あいつに告白なんてしなければ、こんなに苦しむ事はなかったのに。

「だからうち、自分より小柄な人は好きにならないって決めたんです。皆がそうじゃないって知ってますけど。でも・・・怖いんです。」

飯原先輩の表情が険しくなった。
・・・しまった。失言だ。先輩、小さい事気にしてるのに。

お・・・怒るかな?

「・・・じゃあ、例えばだけど、俺がお前の事好きって言ったら?」

・・・え?

飯原先輩は真っ直ぐこちらを見ていた。冗談ではなさそうだ。
怖くなって目を反らす。

「そ・・・そんなの分かりませんよ!意地悪言わないで下さい!
うちがはいって言ったら、飯原先輩のこと好きって言ってるのと同じですよ。先輩が本心でなかったら、うち、惨めすぎるでしょう。」

逃げる解答。

「・・・イサの事、傷つけるつもりはねーし、言えよ。」

・・・思わずドキっとしてしまった。いつもと様子が違うからかな。・・・でも、ごめんなさい。

「・・・嫌じゃないけど、断ります。」

先輩は一瞬ポカンとする。

「・・・・・・なんだよそれっ!普通この流れなら受けますとか言うだろ~!!!」

でもすぐに軽口になった。先輩のこういう所、ホント安心する。

「・・・好きな人がいるんスよ。年上で、背が高くて、・・・優しい人。」

「は?そんな完璧くさいの、イサには無理だろ~。」

「釣り合い、とれませんよね・・・。わかってるんです」

「わ、悪かったって!でもイサに彼氏できんのって嫌だ!!しっと団解散になるじゃねーか!!」

「でも、恋じゃないスけど、飯原先輩は、うちにとって、その・・・すごく・・・・・・」

大きな存在って言おうとしたけど、柄でも無いので口をつぐんだ。

「アハハ、何でもありません。」

「なんだよー!気になる!」



飯原先輩に出会って、最初は衝突したけど、お互いのコンプレックスを理解しあって、笑い飛ばせるようになった。

うちが明るくなれたのは、半分は飯原先輩のお陰だと思う。

「そういう意味では、恩人かな。」

「へ?俺何かした?」

「うち、北斗に入学してから、毎日が楽しいです。飯原先輩にも出会えたし。」

「・・・やっぱ俺に惚れてるんじゃないの?」

「いや、それはないっス」

「ちくしょー!!」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

この日は、飯原先輩のお陰で、楽しい気持ちで帰宅する事ができた。

・・・でも、嗣・・・一ノ瀬との再会で、嫌な思い出が蘇ってしまった。

あいつは少なからずうちを気にしていたようだった。

今後あいつと関わるような事があれば、うちはまた元通りだろう。

・・・いや、大丈夫だ。
今、うちは新しい恋をしているんだ。

一ノ瀬の事なんて、またすぐに忘れられるさ・・・。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

あれ・・・陽勲が・・・一番進展して・・・。

勲子にとって陽平は、異性の中で一番気楽な相手だと思う。


そして、勲子にはカタチだけ元カレがいたという事実。
いないに等しいけどな!

後日談
4話
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]