トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341]
2018/12/19 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/03/07 (Mon)
テンプレートツンデレっぷりが凄まじい宣孝((




苦手なもの

ちょこ「あれ~?まだ真っ白?何時間経ったと思ってるの?」
よし「・・・う、うるっさいなぁ・・・、あっち行けよ。・・・絵なんて全然興味ないし・・・、描けなくたっていいだろ?」
ちょこ「ああそう、そりゃ悪かったわね。わたしもこの前興味ない事ができなくてアンタに散々馬鹿にされたんだけど?」
よし「・・・・・・悪かったよ・・・。・・・ごめん。」
ちょこ「・・・あれ、妙に素直じゃない。どうしたの?熱でも出た?」
よし「・・・どうもしないよ。」
ちょこ「・・・ふ~ん?そう。まぁ大人しくなったならいいけどね。」
よし「・・・・・・・・・。」

よしたかは絵が苦手。芸術はてんで駄目。

---

自分で歌うのはダメだけど音楽は好き。
音にはすごいこだわり持ってる。ラジオやオーディオ自作したりするしね。

結構雑多にニッチな音楽を聴いてたりすることもあってtenを知ったのだと思う。
音楽そのものはよしたかのジャンルじゃない気がするけど同い年で大人っぽくて歌上手いってので憧れを抱いたのかもしれない。

---

ちなみによしたかは前のネタをちょい引きずってます。
いつも通りのさっぱりしたちょこに内心ほっとしてるんじゃなかろうか。
ちょこからしたら何も変わらないんだろうけど。




いちごみるく

知「よっちゃん随分可愛いの飲むね」
宣「・・・!うわぁぁぁ十!いたの!?」
知「いちごみるくかぁ~。そういうの好きなんだ。かわい~」
宣「ち、違っ・・・これは間違えて押したんだよ!ほんとはブラックコーヒーが飲みたかったの!」
知「随分離れてるけど・・・。」
宣「うるさいな!ほら、オレこんな甘いの飲めないからあげるよ!」
知「あ、どーも・・・。」


・・・・・・

宣(うっ・・・にっが・・・ちくしょー十の奴・・・)
知「飽きた。交換しない?」
宣「は?何言って・・・。」
知「口の中あまあまになっちゃったからコーヒー飲みたい。」
宣「ず、図々しいなぁ十は!仕方ないなぁ、はい!」
知「ありがと。はい、こっちは返す。」
宣「・・・だから甘いのは飲めないって・・・」
知(ちゅーー)
宣(か・・・間接キスじゃないかこれ・・・!十は全然気にしてないんだろうけど・・・!!)
知「コーヒー返して欲しい?」
宣「えっ・・・///い、いい!いらない!十が口付けたものなんてっ!」
知「もしかして間接キスとか気にしてるの?お・子・様!」
宣「うるさい!そういうんじゃないし!」
知「まあわたしも二本はお腹タプタプになるから返す。」
宣「わかったよ・・・。ってこれいちごみるく・・・」
知「じゃーね」
宣「あ、待てって・・・!・・・むぅ・・・。」

---

宣(いちごみるく返してもらったのは良かったけどコレ飲んだら十と間接キ・・・う、うわぁぁぁ///い、いやガキじゃあるまいし気になんてしないけど!十なんてどうでもいいし!)

亜「あれぇ~?宣孝。パックにぎりしめてブツブツと。どうしたんですかぁ?飲まないんですかぁ?」
宣「でも十が・・・ブツブツ・・・いやでも・・・」
亜「口に合わないなら市川が飲んじゃいますよぉ~。いちごみるく大好きv」(ヒョイ
宣「あ・・・」
亜(ぢゅーーっ!ぐびぐび・・・)
亜「ぷはーー!おいしーいv」
宣「・・・あ・・・!ああーーーーっ!亜女斗ーーーーっ!何勝手に飲んでるんだよーーーー!このばかやろーーーー!!!!!」
亜「あれ、随分な怒りよう・・・。何で?全部は飲んでない・・・」
宣「もういいよいらない!ホンット亜女斗はいっつもいっつも!図々しいにも程があるよ!!」
亜「あーん、ごめんなさいって。もう一本買うから・・・。」
宣「いらないよバカ亜女斗っ!!悩んだオレが馬鹿みたいじゃないかっ!」(ダッ!
亜「悩み・・・?何の話・・・?」


亜女斗のKYっぷりに間接キス逃した宣孝←





タンク

宣「・・・何このカッコ悪い猫。」
亜「スコティッシュフォールドですよ~。かわいいでしょ。」
宣「オレはこんな間抜けな丸顔猫よりもっとキリッとしたカッコイイ猫が好き。スフィンクスとか、超良くない?」
亜「あ~、宣孝好きそー・・・。市川はあまりキョーミないけど。このまるまるっとした間抜けさがかわいいんですよぅ~vvv」
タ「ニャァーンv」
亜「あ、でもタンクは宣孝の事気に入ったみたいですよ~」
宣「・・・っ、なんだよお前、擦り寄ってくるなよ。媚びる猫は嫌いだよ・・・。」
亜「あ、飲み物持ってきますね~。コーヒーと烏龍茶とコーラがありますけど」
宣「・・・コーヒー。」
亜「ミルクと砂糖は?」
宣「・・・いらない。」
亜「ちょっと待ってて下さいねー」
パタン・・・

宣「・・・」
タ「ニャァーンv」
宣「・・・お前、なんか母屋に似てるな・・・。」(むにむに
のしのし・・・
タ「・・・な、なんだよ乗っかってくるなって・・・!別にお前の事かわいいとか思ってないし・・・!・・・もう、なんだよ・・・!」(なでなで・・・

---

亜「・・・ほんっと素直じゃないんだから。」

亜「ブラックコーヒーも飲めない癖にねぇ。背伸びしちゃって。コーヒー切らしたって言ってコーラ持って行ってあげよ。」

---

宣孝と亜女斗は家がお隣で親同士仲良しの幼なじみ。



亜女斗は宣孝にマシンの世話任せる代わりにプログラミング教えてます。
(姉がマシンに強いが、不仲なので頼れない。ジャンク屋にも行けない。)
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]