トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[264] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299]
2018/12/19 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/11/25 (Thu)
皇子の所で頑張りすぎた所為かこっち少ないなおい(((
もっとノボの活躍が見たいぜって方は皇子編へGO←



1122というか

うちのこ達は基本発展途上というか、夫婦どころかカップルにもなりきれてないのが大半な気がする。

将来1122になればいいなぁ、という願いを込めて。
もう1122の日終わったけど(((

まぁノボは如水のようになる心配はない。
なったら嫌だよ!




いいにーさん

敏「にぃ、にぃ、さっきそこで杜若の制服着た人にガンつけられたんだけど」
仁「なんだ、そんなビビるこたねーだろ。おめー柔道と空手習ってんだろ?」
敏「でも怖い・・・。おれなんもしてないのに・・・。何でだろ」


そういえばノボもお兄さんだったなと思って。

敏樹は対人恐怖症。
マスクドそっくりな見た目でオドオドしながら兄の後ろに隠れてるとかシュールやぞ・・・。

---

ノボも柔道と空手習ってました。なので強い。(空手は皇子とは別の道場だった)

格闘センスは皇子の方がずっと上だけど、力と体格ではノボの方がずっと勝る。
総合的に皇子が簡単に勝てないレベルである。
ただ、今は争う理由もないから明確な力関係は不明。

さらに幹の事もあって、皇子は何かとノボに対抗心を向けている。
幹と和解して、ノボの事を認めた今でもそれは変わらない。

どことなく(無自覚に)人を下に見てるふしのある皇子が珍しく対等に扱う相手であり、恐らく唯一のライバル。


高校だと二人とも進路が北斗なので、皇子はノボを空手部に引き込む気満々である。
まぁノボは成績足りてないから北斗行く訳だが((((

---

あ、唯一のライバルといっても頭の出来ではノボは皇子に遠く及ばない(((

ノボは北斗以外に入れる学校がないレベル。
皇子は少し頑張れば白南風に入れる位に頭はいい。

中学卒業時の学力で考えると、皇子は梅香、正也には及ばないが勲子、宣孝と同レベル位。
うちのこ頭の出来の水準たけぇ(((

ノボはうちのこの誰よりも低い。・・・けど、幹がいい勝負かもしれん(((
幹も北斗しか入れないレベル。

---

敏樹にガンつけたのは恐らく由真だと思われる。
意識的にではないけどマスクドに似てたから嫌悪感を覚えたとかで。

---

皇子も兄さんだから描くべきかと思ったけど長い小話で描いてしまったからな・・・。まぁいいか。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]