トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[1] [2] [3] [4] [5]
2018/11/17 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/08/08 (Sun)
市川 由布女 いちかわ ゆぶめ

北斗高校1年
身長:152cm

一人称:私
言葉遣い:淡々とした、あまり飾り気の無い喋り方

ジャンク屋の娘。パソコンオタク。

亜女斗の姉。
一時期荒れていた亜女斗に嫌気がさして家を出て、今はジャンク屋の方に住んでいる。
今現在も亜女斗とは険悪。

宣孝の姉貴分。宣孝とは家(本籍の方)が近所で、親同士が仲が良く、いわば幼馴染。

以前王に片思いしていた。
勲子が遊んでいるという噂を真に受けていて、王と仲良くしている事が許せず、女友達を巻き込んで勲子に陰湿ないじめを行った。
だが、康正に諭され勲子と和解。勲子に対する誤解も解けた。
今は普通に勲子と仲良くしてる。

体育特待で入ったので頭は悪くない。良くもない。
陸上部で、競技は棒高跳び。

犬伏とは従兄妹同士でそれなりに仲良し。その為か同性愛者に対する適応力は高い。


---


市川雉雄(いちかわきじお)

ジャンク屋店主。
だらし無いかんじのもじゃ毛なおっさん。市川姉妹のとーちゃん。

一人称は俺。「はい、これね、毎度。」みたいに、敬語は基本使わず、だるそうというか、誠意の無い感じの喋り。
でも質問されたらわりとちゃんと答える。こんな店やってるだけあって、知識は豊富。
わりと奥さんに支えられてジャンク屋続けてられてる所がある。
奥さんも好きで手を貸してる訳だけど。

今は殆どジャンク屋のほうで生活しててあまり家には帰らない。


---


市川真紀男(いちかわまきお)

あめとのにーちゃん。
二十代。新米ウェブデザイナー。
エロゲファンで基本無口ぶっきらぼう。

愛煙家だったが亜女斗の為に禁煙中。



ジャンク屋について
PR
2010/08/08 (Sun)
茂田井 宣孝(もたい よしたか)

楠木中学校1年
身長:141㎝

パソコンオタク。パソコンの自作が得意。
いつもジャンク屋に入り浸っている。店長やその娘さんと仲良し。
国明の家の電気屋にもよく出没する。

物事を斜めに見ていて、ネガティブなものがかっこいいと思ってる中二病。
生意気で大人ぶってるけど、まだまだお子ちゃま。

正也とは親戚同士。


一人称:オレ
二人称:呼び捨て、お前、あんた


以下色々補足

よしたかの入り浸ってるジャンク屋は由布女の家の店です。
由布女はよしたかの幼馴染で、姉貴分みたいな感じ。
由布女の一軒家の方の家(ジャンク屋からは離れたところにある)と、よしたかの家が近所で、親同士仲良しです。
よしたかはよく由布女の部屋に上がりこんでぱその事色々教えてもらってます。

よしたかはパソコンの自作の他、ラジオやオーディオ(スピーカー)作りなんかもやります。由布女の影響でシンセも作る。パソコンに詳しくはあるけど工作寄り。システム面にはそれ程明るくない。プログラミングに関しては興味ありつつもあまり詳しくない。

よしたかは正也の親戚であり信者です。
則也の一件の黒い噂(もしかしたら正也が突き落としたのではないかという事と、兄の死体を写真に納めて笑っていたという事)を真に受けていて、厨二なので身近にそういう人がいるのが格好いい気がして嬉しい。
正也が(写真~の後でも)不謹慎なものも好む為に、そういうコレクションを見せてもらったりしている。
ちなみによしたかの両親は正也のせいでよしたかが変な影響を受けているのだと思っていて、正也をよく思っていない。
(誤解の無いように言っておくが、正也は不謹慎な物が好きなわけではない。不謹慎もそうでないものも美しければ同じ扱いというだけ。正也の美しいと思う基準はよくわからんが。)

ジャンク屋について
2010/07/03 (Sat)
左 幹(ひだり みき)

所属:杜若体育特待3年(モブ)
身長:173cm
一人称:俺

皇子の異母弟。
母親は梅香の父の妹に当たる。
母と共に左家で養われていて、愛人の子ながら皇子と同じように扱われている。

女好きで、いつも取り巻きに囲まれている。でもよく取り巻きを梅香に持って行かれる。

アーチェリー部に所属していて、弓道部の梅香とは何かと張り合っている。部活時は真剣。アーチェリー馬鹿にすると怒る。

梅香が従妹だと知ったのはつい最近。境遇を知り同情して、何かと梅香に協力的になるが、梅香にはいつも突っぱねられている。

補足設定詳細記事
左家と左幹について
左家について色々
梅香と左兄弟
2010/06/18 (Fri)
左 皇子(ひだり こうじ)

携帯用
杜若中学校3年体育科・空手部主将
身長:168㎝
中華料理店チェーン社長の息子。自由気ままな三男坊。
正直者で、ツッコミが容赦ない。率直な物言いをする。
基本空気を読まない。気を遣わないのではなく遣えない。
だが面倒見がよく、空手部の後輩からは慕われている。

「~のだ」「~である」等、堅っ苦しい偉そうな喋り方をする。

料理がプロ並に上手い。弁当は毎日自分で豪華な弁当を作り、さらに家の者から貰える事もあるので、尋常じゃない量になる。

基本的に家の者は経営に携わるが、皇子は経営自体には興味が無く、調理に携わりたいと考えている。


一人称:私
二人称:貴公、手前、そなた、苗字呼び捨て


皇子口調イメージ

貴公は目上、手前は目下(年下や、嫌ってる相手)に使う。
基本はそなた。迷ったらそなたと言わせよう。

「何をしているのだ?」
「そなたの言うことは理解しかねるな。」
「そうであろう。」
「うむ、見事なり。」
「思った通りであるな。」

まあ、かたっくるしい喋り方させれば皇子になりますよ。
自分でも明確なルールは定めてない。

補足設定詳細記事
左家と左幹について
左家について色々
梅香と左兄弟
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]