トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[418] [417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [407]
2018/12/19 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/10/16 (Tue)
バレンタインネタと、下の方に文字ネタとメモ語り的なのまとめてあります。



バレンタイン編

バレンタイン

信「もうバレンタインの時期かぁ・・・。はーぁ・・・。」
矢「童貞にはつらい時期だなwwwwwww」
信「ん・・・?童貞とか関係あるの?」
矢「どーせ母ちゃんからしか貰えないんだろ?」
信「いや、母さんからは貰わないよ。いつも一緒に食べるし。今年はラ・アメルのチョコケーキが食べたいって言ってたなぁ。」
矢「あ・・・そう。じゃあゼロ確定じゃんwwwwwww」
信「だといいけどねぇ・・・。」
矢「・・・は?」
信「俺なんかでも親切な子はくれるかもしれないからさぁ・・・。もし貰ったらちゃんと返せるかどうか不安で不安で・・・。俺女の子の喜ぶものなんてわからないしもし期待に添えなくて気分を悪くさせたら・・・。どうしよう・・・(´;ω;)」
矢「もうホワイトデーの心配かよwwwwww自意識過剰wwwwwww心配しなくても童貞たらこにチョコ渡す物好きはいねーよwwwwwwwww」
信「・・・気休めでもさんきゅ(´・ω・)」
矢「はぁ!?気休めってwwwwww何言ってんのwwwww馬鹿にしてるんだってのwwwwww」

---

苗「か、飼沼くん・・・!」
信「・・・え・・・。あれ、溝端さん!?なんで西水流に・・・?」
苗「飼沼くんはチョコ嫌いじゃない?」
信「俺は好き嫌いしないけど・・・」
苗「・・・よかった。これ・・・。」
信「え、まさかこれを渡すために西水流まで・・・?わざわざ大変だったでしょ・・・!」
苗「・・・(´・ω・)あの、受け取って・・・くれないかな・・・。」
信「え、も、もちろん・・・。・・・いいの?俺なんかで・・・。そんなにいいお返しできないかもしれないけど・・・。」
苗「・・・お返しの事は考えなくてもいいから・・・。もっと気軽に受け取って欲しいな・・・。」
信「あ、ごめん・・・。お、お返し、いいの考えておくから!」
苗「・・・・・・。」
信「(・・・あれ、もしかしてまずい事言った・・・?)・・・ご、ごめん。」
苗「・・・・・・ごめんなさい・・・!」(だっ
信「・・・え・・・?・・・・・・あ・・・。」
信(・・・もしかして、またやっちゃった・・・?・・・ほんと、いつも俺は・・・。)





矢「うわ、なにそのいかにも本命って感じのチョコ!誰から誰から?」
信「・・・や、矢野には関係ないだろ・・・。」
矢「たらこの事だし本命に見せかけて唐辛子だったりしてwwww」
信「唐辛子入ってても有難くいただくよ・・・。でも溝端さんは多分しないかな・・・」
矢「溝端さん?苗ちゃん?」
信「あっ・・・!」
矢「そのチョコもしかして苗ちゃんの!?なんでたらこがこんないいもん貰ってるの?え、お前本命?え?う、うそぉん!」
信「騒ぐなっつの!!!(ペシィン)・・・誰にも言うなよ!絶対!溝端さんに迷惑かけるような事はするなよ!!!!」
矢「はいはいわかったわかったwwwwwwww」


亜「なんでそんないいものもらって辛気臭そうな顔してんの?」
信「・・・・・・。いや・・・。」
亜「のぶろーの事だし、お返しに悩んでると見た!」
信「・・・まぁ、そうだね・・・。」
亜「それくれた女の子の前でそんな顔はしてないよな。」
信「・・・っ。」
亜「図星?そりゃー傷つくと思うなー。そりゃお返しをないがしろにはできないけど、女の子にとって一番嬉しいのは、渡した相手に喜んでもらう事だからね!ほら笑った笑った!」
信「・・・・・・そっか、また俺のせいで傷つけたのか・・・。」
亜「だ・か・ら!しょげるなって!」(パァン!
信「・・・!!!」
亜「くれた子の連絡先知ってるならお礼言っておきなよ。うれしかったとかおいしかったとか、シンプルな感想でいいから。」
信「・・・・・・わかった。・・・いつもさんきゅ、水瀬。」




苗(やっぱり飼沼くん喜んでくれなかったな・・・。いっつもいっつも、難しく考えすぎなのよ。ただ喜んでくれるだけで嬉しいのに・・・。)

苗(・・・ん?メール入ってる。)

苗(・・・飼沼くんからだ!)



チョコレートありがとう。
まさか貰えると思ってなかったから、少しびっくりして挙動不審になってしまったけど、嬉しかった。

ごちそうさま。すごく、おいしかったよ。




苗(・・・クス、飼沼くんって、本当不器用だなぁ・・・。)

---

サナエンのあほ毛わすれた!でも上書きパスワードもわすれたので直せない!アホス!

---

のぶろーとサナエンの中学時代の話
http://torimochi.ria10.com/Entry/385/
昔の記事に準えて書いたのでどんぶりの新しい話の流れだと矛盾してしまうと思われ。
だがしかし信郎サイドは涼太を知ってるし、サナエンと親しいという事も知ってるってことにしたい。




ホワイトデー

お返しに悩みすぎた挙句、ホワイトデーに胃炎で倒れる馬鹿がここに。

---

ホワイトデー前。自分ひとりじゃどうにもならんのではるみに相談。

はるみ「絶対キャンディ渡すこと。マシュマロは絶対駄目よ?」
信郎「ど、どうしてです・・・?」
はるみ「そんなに悩んでるんだもの。のぶくんはチョコをくれた女の子の事、よっぽど好きなのねぇ。」
信郎「ちっ、違いますって・・・。多分・・・。あ、いや、すごくいい子なんですけど、嫌いって事は絶対ないんですけど・・・えっと・・・。」
はるみ「照れない照れない。」
信郎「・・・じゃなくて、なんで飴なんですか。手軽に済ませた感じがして失礼なんじゃ・・・。」
はるみ「馬鹿ねぇ、気持ちよき・も・ち!マシュマロはすぐ溶けちゃうけど、キャンディはなかなか溶けないでしょ?」
信郎「??」
はるみ「キャンディに他のもの添えるのはどう?そうすれば手軽に済ませたようには見えないでしょ?」
信郎「他のもの・・・。」
はるみ「あ、食べられないものね。じゃないとキャンディにした意味がないから。」
信郎「食べられないもの・・・。」

---

(・・・っていうとアクセサリーかな・・・。でも俺溝端さんのセンスなんてわからないし・・・。)デパートうろうろ
(身に着けるもの渡したらつけなきゃって気を使わせるかもしれないし・・・。センスが悪かったらなおさら困るよねぇ・・・。)
(・・・花・・・。は枯れるし始末しなきゃならないし・・・。・・・じゃあ、造花にするとか・・・?)
(・・・とはいえ花の好みなんてわからないしなぁ・・・。・・・ん?)
(な、なんだこれwwwwかわいいwwwwww)
(・・・こういうの・・・女の子は結構好き・・・なものかな・・・?かわいいし。うん。下手なもの買うよりはいいか。一応はるみさんに写メって見せてみるか・・・。)

『やだかわいい~!のぶくんらしくていいじゃない!上出来上出来!』
「は、はぁ・・・。どうも・・・。」
(何でメールの返信が電話なんだろう・・・)

わかりやすくてかわいいくまちゃんの造花アレンジを飴ちゃんに添えることにしました。

---

(一応渡すものは決まった・・・。でもこれで本当にいいのかな・・・。)
(矢野もいるし・・・。きっとあいつはこういうの慣れてるから俺よりずっと気の利いたもの渡すんだろうな・・・。)
(どんなに悩んだって、俺が渡すものなんかたかが知れてるよなぁ・・・。)
(意味あるのかな・・・。でも返さないのは失礼だし・・・。)

---

ブツは決まったのに渡す時の事を考えて結局ストレス胃炎になる信郎←

---

復帰後。


雪「先輩最近学校来てませんでしたよね。体壊してたんですか?」
信「まあ、そんなとこ。遅くなって悪いね。」
雪「なにがっ・・・!Σぐむむっ!」(口にクッキーつっこまれる)
信「ホモチョコのお返し。」
雪「ホモってwwww違いますよwww先輩が誤解してどうするんですかもーwwww」
信「俺はホモじゃないからお断りだけど。」
雪「そんなの僕だってそうですよー!」



信「女の子にもこの位気楽に返せればいいんだけど・・・。まず遅れた時点で失礼過ぎるし・・・。うっ!また腹がっ・・・!」

---

くまちゃんは絵には描いてないけど思わず笑いがこみあげるようなかわいさのある造形しとります。
カーネーションかそれに近い形状の花メインのポンポンがくっついてくまちゃん型になってるようなの。目と鼻は黒い玉っころがチョンチョンと。

もし造花にマイナスの意味があったら信郎の空回りってことにしといてくれ(( 知らんけど


花言葉とかもそうだけど意味がつけられたものって怖いな。
無意識にマイナスの贈り物したら意味を知ったときショックだろ・・・。
貰う側なら意味知ってても相手が知らなかったかそういうの気にしない人なんだろうって考えれば済む話だけど。

信郎がそういう意味みたいなの知ったら考えすぎて逆に何も贈れなくなりそう。

---

この後当日より少し遅れてサナエンにお返しを渡しに行く訳だが、サナエンの反応は保護者に委ねておこう。
ってことでわしはここで切ります。

サナエンは飴ちゃんの意味知ってるのかな。
信郎ははるみさんに言われるがままに渡しただけだけど。意味はよくわかってない。
サナエンも信郎が知ってるとは思わんだろうな。今までの経験上知ってたら渡すのを避けるような奴だってわかってるだろうし。

ホワイトデーに渡すものの意味はいろいろ説があるっぽいから一概に言えないけど、このネタでは一番いい意味と捉えとります。


あと、はるみさん殆どフィーリングで動かしてるから偽者感あったらメンゴ((
はるみさんは信郎の相談に乗ってるというよりはほとんど悪ノリに近いとおも。人の恋愛事にはしゃいでるだけみたいな。(

---

はるみさんとの話を一切書いてない間に絡ませちゃったけど。

信郎は女性相手でもはるみに対してだけはわりとふつうに接することができます。
自分と母を助けてくれた強い人と認識してるので安心できる。




---

以下、絵なしコネタ連発


☆四月馬鹿
(前提:休日だが学校)
信「水瀬・・・。実は俺・・・、ホモなんだ・・・・・・。」
亜「・・・・・・・・・・・・。」
信「なーんて、エイプリルフールの嘘でしt・・・。何で距離置いてんの。」
亜「わ、わわわ、悪いけど、俺はすみれちゃん一筋だから・・・!」
信「エイプリルフールの嘘って言ったでしょうが!」
亜「のぶろーが言うとシャレにならないんだよ・・・!」
信「はぁ!?何で!?普通に考えて嘘でしょうが!」
亜「今までの自分の行動を振り返ってみろ!」
信「本当にホモだとしても水瀬は絶対にないから!」
亜「ひどっ!こんないい男捕まえておいてそりゃないでしょ!」
信「え・・・?お前・・・俺に惚れて欲しいの・・・?」
亜「違ーう!」
矢「おいおい何俺のアサミちゃんにちょっかいかけてんのー?童貞たらこの分際で。」
信「あ、どうぞどうぞ。水瀬は別にタイプじゃないんで掘りたいならご自由に。」サササ
亜「ΣちょΣもっとシャレにならないの来た!!!!」



☆痔ろう
冬「飼沼くんのろうってどっちだっけ」
矢「めんどくせーしひらがなでいいっしょ」

飼沼 信ろう

冬「・・・。」
矢「・・・ブプッ。」
冬「なんかしまらないね・・・。名簿調べる?」
矢「なんかwwwww痔ろうみたいなんだけどwwwwww」
冬「じろう・・・?」
矢「ケツが増える病気wwwww」
冬「・・・・・・!!?え、何が?飼沼くんが?」
矢「お、おう、この字面g」
冬「飼沼くん・・・しりが増える病気って・・・よくわからないけど大変じゃないか」
矢「・・・聞いてねぇ。まーいっか。」

信「・・・おはよ。」
矢「よwww痔ろうwwwwww」
信「・・・じろう・・・?は?俺?」
冬「飼沼くん!しりが増える病気って大丈夫なの!?」
信「あ、あのー、何が何だか。水瀬ー。こいつら何言ってるの?」
亜「何でそこで俺に振るの!!」
信「いや、矢野の奇行に水瀬はつきものだと思って。関係ないのか。で、一体何なのさ。」
冬「き、昨日矢野くんから飼沼くんはしりが増える病気だって聞いて・・・。」
信「矢野何ヘンな事吹きこんでるの・・・。」
矢「あ?違うっつの!こいつの早とちりだって!」
信「しりが増えるなんてどんな勘違いだよ・・・。」
矢「しりじゃなくてケツの穴な。」
信「ケツの穴も増えてない。朝からなに下品な話してんの。まったく・・・。」
冬「ね、ねえ飼沼くん、しり大丈夫なの?」
信「あらぬ誤解されそうだからやめてよ・・・。水瀬じゃあるまいし。」
亜「え!?何でそこで俺がでてくんの!?」



☆花壇
信「毎日毎日ご苦労様。めんどくさくならないの?」
冬「好きでやってることだから。・・・ほい、ごめん、ちょっとどいて。」
信「おっと悪いね。・・・。好きねぇ・・・。俺にはさっぱりわからないけどねぇ。ただのひらひらした植物だとしか思えない。見て楽しいと思ったことなんてないし、ましてや育てるなんてねぇ・・・。」
冬(じゃあなんでここで僕の作業しげしげと見てるんだろう)
信「・・・ちょっとうらやましいよ。俺にもそういう気持ちがあればねぇ。」
冬「飼沼くん、何か悩みでもあるの?」
信「ん・・・、まぁ、ちょっとね。・・・女の子って、みんな花とか好きなものなのかな・・・。」
冬「僕女じゃないよ。」
信「知ってるよ・・・。あんたじゃなくてさ、一般的に。花なんてすぐ枯れるし、生ける手間もあるしさ・・・。貰って面倒じゃないかな、とか」
冬「こういうのは気持ちだと思うよ。」
信「だけど好きでもない相手だったら気持ちも迷惑でしかないじゃないか・・・。」
冬「それは身も蓋もないよ・・・。そんなのどんなプレゼントでも同じじゃないか(´・ω・`)」
信「そ・・・、そうだよねぇ・・・。でもこっちばっかり貰ってばかりも悪いし・・・。」
冬(色々貰ってるならその時点で好かれてると思うんだけど・・・。)

多分花壇の手入れの最中とかそんな。
さり気なくうしろさんちと同性同校同学年は初めてなんですよね。高校だけなら同校同学年は初。

ふと改めてコネタ流し読みしたら信郎がオネェっぽく「好きねぇ~☆」って言ってるように見えてしまったが「好き・・・?ふーん。」みたいなニュアンスです((

コネタ書いたはいいけど大人しすぎたかwww
のぶろーの台詞に対抗して色々語りそうだよね実際は((




---

以下、頻発した設定語り的なもの。
まきびし感覚でみてちょ。


のぶろーにとっちゃ女の子はコワレモノのようなもの。
女の子に神経質になる分男への対応をラフにしてバランス取っている感じ。
相手の女の子がさほど気にしてないことを過剰に気にして逆に関係をこじらせちゃったりする。
女の子と一緒にいて関係を冷やかされたりしたら「彼女に失礼だ」みたいな言い方はするけど、気を使うつもりで「これからなるべく近寄らないようにするから安心して!」と、まるで相手の女の子を恋愛対象から完全に除外するかのような言い方するから女としては逆に傷つくみたいな。
キャラ紹介の気の使い方が的外れっていうのは例を挙げるとそんなかんじ。でも頼み事は他の女の子にリスクあるような事じゃなければ何でも引き受けるから女子からは便利に使われる。 男のリスクは大抵スルーされる←
女子が冗談で「水瀬くんのハダカが見たい?v」って言ったら速攻でアサミちゃんを脱がしにかかったっていう前科があるかもしれない((



あと、のぶろーは女の子に対する責任は全部男が取らなければならないという頭があるせいか、暗い子やよくヒステリー起こす子、病んでそうな女の子を過剰に怖がる。(責任がどんどん積み重なりそうだと思ってしまうから)

たぶん霞の存在を知ったら「能重も随分重いもの抱えてるみたいだねぇ・・・」と、雪の事をちょっと哀れむかもしれない。(恋人として認識した場合)
雪からしたらなんのこっちゃだろうが。

信郎はフェミニストのようでありながら女性を厄介者と捉えているふしがある。

でも厄介だからと女の子を避けるのではなく、厄介事を避けるために女の子を助けようとする。それが「女に甘い」所以。


---

のぶさなっぽい話

苗→信前提として。

信郎とサナエンが一緒にごはん食べに行くことになって、サナエンの希望でパスタ屋さんになったけど、店が決まってなかったので信郎が自分基準で迷いなく大学近くの大盛りパスタ屋さんに連れて行って、サナエンが食べ切れなくて、残りを食べてあげる信郎。

多分後から「女の子を大盛りの店に連れて行くなよwwwww」って盛大につっこまれる事ウケアイ。

でもサナエンにとっては、自分の残した分を躊躇なく食べる信郎を見て、ちょっと仲良くなれた気がして嬉しかったり。

信郎も普段サナエンに対して気使いまくりでガッチガチなのに、食事の時は思いっきり素丸出しで美味しそうに食べるので、距離が縮まった気がしてドキドキなサナエン。

そして女の子に慎重なくせにそういう事(間接CHU的な)をまるで気にしない信郎(・・・

---

のぶろーがちょっとずつアサミちゃんの影響受けて丸くなってったと思うとなんかほっこりするな・・・ 多分出会ったばかりの頃はもっとつっけんどんで無口だったと思うんだ。



平常なようで精神状態が普通とはいえない危うい子なんで、人に気を使うだけの心の余裕が持てなかった。友達付き合いも煩わしくてあまり深いつきあいの人間はいなかった。
それが今の友人関係を得て、精神状態もどんどん緩和されていったのかな。

---

のぶろーは今も昔も強迫観念のような精神状態を抱えている。
のぶろーが母から虐待を受けていた幼少は、いかに暴行を受けないように母の機嫌を取るかが第一だった。
兄弟(左家)に対する嫌がらせもその一環。周囲に被害が及んだのは、こーじ本人を傷つけるよりも周囲の人間傷つけたほうが効率よくこーじを泣かせられるから、って理由。

今は、女性に対する加害恐怖を抱えている。自分の不注意でまた母が昔のようになるのではないかという恐怖と、自分も母のような人間を生んでしまうのではないかという恐怖。

---

その強迫観念によるストレスを、無関係な方向に発散する為に、誰かを傷つける事がある。
気に入らないバイトの後輩をいびって辞めさせる事は日常茶飯事。
まあでも度を過ぎたことはしない。あまり派手ないじめは過去を思い出して逆にストレスになるからセーブかける。一時的なやつあたりレベル。それでも迷惑っちゃ迷惑だけど。
まあそんな感じでのぶろーは派手なことをしないだけで、内面的には加害者寄りなんで、「いじめは楽しいから起こるんだよ」って真顔で言ったりもできる。


雪に絡んだのも最初はストレス発散の一環で、女みたいな容姿だから舐めてかかったんじゃないか。
多分いじめに入るか入らないかぎりぎりのことはしてるよね。軽いおもちゃみたいなつもりで扱ってたらどんどん情がわいてきて普通にかわいがるようになったとかそんなんじゃないか。

中学時代はスポーツで発散してたお陰でそこまで攻撃的じゃなかった。
高校に上がってからは攻撃的な面も増えたけど、友人づきあいが増えて娯楽も覚えて遊ぶ方向に発散するようになったからどんどん静まってるって感じか。

---

斜に構えてるようで精神的には同年代よりも未成熟なところがチラホラある。

昔嫌がらせしてたとはいえ、ある程度育って左家から金銭援助を受けてると知ってからは左家にヘコヘコしてる。心は許してないけど一応金の繋がりの為に。
下のコネタでは幹に嫌味を言ってるけど、内心嫌がらせの過去を持ち出されるのはかなり痛い。

実際のところ女の子と過ごす事自体がのぶろーにとってストレスなので、ふとした時にサナエンに向かってばくはつする事があってもいいよね。暴力はないだろうけど言葉でつらく当たるとかね。
その後で死ぬほど後悔して泣きながら謝るのぶろー((
あれかサナエンは母性本能でもくすぐられてんのかな((( こんな男に・・・
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]