トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[118] [117] [116] [115] [114] [113] [111] [315] [108] [107] [312]
2018/11/17 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/05/05 (Wed)
まとめ
序章 後

※二次
勲子視点。
勲子の姉、幸枝さん登場。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「毎週毎週おめかしして何処に行ってるのかと思ったら・・・、そういう事ね。」

「お・・・お姉・・・!!」

今日もいつもみたいにおしゃれして山奥先輩の所に来ていたら、突然、意外な客が来た。

うちよりもずっと美人で、スタイルのいい、姉。

・・・だいっきらいな、姉。



姉はおもむろに先輩へと近付く。

「・・・成る程・・・。なかなかいい男じゃない。」

「あらあ、勲子ちゃんのお姉さん?似てるわね~!」

「フフ、そうかしら?」

お姉、何考えてるの!?
彼氏いる癖に先輩を誘惑するつもり!?

「すみません先輩。失礼します!」


うちはお姉の腕を引いて、店を出た。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「なんのつもり!?お姉、彼氏いるんでしょ!?」

「あの根性無しとは別れたわよ。それよりイサ、あなた、あの男の人狙ってるの?相変わらず面食いね。」

「ちっ・・・違う!!」

「・・・そう、だったら私が貰っちゃうわ。根性ありそうだし、男前だし。悪くないわね。」

「・・・あの人、北斗の先輩だよ。お姉、年下嫌いって言ってたじゃん。」

「根性さえあれば嫌いじゃないわよ。」

「・・・っ。先輩は、お姉みたいな人、好きじゃないと思う・・・」

「あら、あんな小僧、私の手にかかれば簡単に落ちるわよ?
彼女のいない高校生なんて、一番盛ってるんじゃないの?」

「せ、先輩はそんな人じゃない!!」

「・・・やけになっちゃって、かわいいわねぇ。ま、私に取られたくなければ、早くモノにする事ね。」


・・・お姉のこういう所、だいっきらい。

うちが真剣に悩んでいる事を笑う。

こんな風に余裕で、うちの邪魔をしようとする。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「勲子ちゃん、最近元気がないわね。何かあったの?」

「先輩・・・。いえ、何も・・・。」

お姉に取られたくない一心で山奥先輩に会ってはみるものの、会話が続かない。

「アタシには言えないような事?」

「ええ、まあ・・・。」

・・・言える訳無いじゃん。
お姉に先輩の事取られそうだから悩んでるなんて。

・・・うちがお姉に勝てる訳がない。
先輩の事は諦めた方がいいのかな・・・。

先輩の手が、うちの頭に伸びてきた。

「・・・勲子ちゃん、無理をさせてしまって、ごめんね・・・。」

「・・・何の事ですか・・・?」

「・・・・・・こっちの話よ。」

・・・最近、先輩の様子がおかしい。
お姉が先輩に何かしているのだろうか。

あれから、いつもこうだ。
どうも、会話がぎこちなくなる。
先輩は、お姉の為に、うちから離れたいのかな・・・。



「勲子ちゃん、ごめんね・・・。」

最後に、先輩がそう呟くのが聞こえた。

その言葉の意味に、必死で気付かない振りをした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

気が重い・・・。

「あれ、勅使川。おはよう。」
「市ノ上・・・。」
「どうしたんだ?目の下すごいクマだぞ。」
「嘘・・・。何もない筈だけど・・・。そんなに酷い?」
「昨日夜更かしでもしたか?」
「してないよ。すぐ寝た。・・・参ったな。」

思った以上に、お姉の事がダメージでかいんだな・・・。

「そういえば昨日、勅使川のお姉さんに会った。」
「・・・は?」

市ノ上は無関係の筈なのに、何で・・・。

「ちょうど一ノ瀬といたから、すげー怒られたぞ。イサの友達の癖に、って。随分大切に思われてるんだな。」

「・・・なにそれ、訳解らない。あいつ、うちの見舞いにも来なかった癖にさ。うちの事、大切にしてるとかありえない。怒ったのも、ただヒス起こしただけでしょ。」

「そ、そうなのか・・・?そうとは思えないんだが・・・。」

・・・市ノ上にまで接触して、何のつもりなんだろう、お姉は。

うちに彼氏ができる事を、全力で阻止したいの?

・・・何の為に・・・?
何で、うちには自由に恋愛させてくれないの?
自分は代わる代わる彼氏つくる癖に、ずるいよ・・・。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「ただいまー・・・。あれ?お姉まだ帰って来てないの?」

「カレに会いに行くとか言ってたわよ?」


え?お姉今彼氏いない筈じゃ・・・
・・・まさか・・・




発作的に、大通りまで出た。

そこには・・・




(嘘だ・・・)




山奥先輩と、お姉が、仲良く服を見ている姿が。






―――なにあれ・・・

何なのあれ・・・・・・!



まさか、お姉、本当に先輩を・・・。



うちは、ただ呆然と立ち尽くすしかできなかった・・・。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

よく考えたら勲子に恋のライバルっていないんだよな。おとん自身が一番の障害。

一応陽平が勲子のリア充化を阻止すべく妨害まがいの事をする事はあるけど、それはあくまでギャグ。
本格的に勲子の邪魔をしたりはしません。


勲子の事を苦しめてばかりで、ひでー親だな自分。
おとんが絡むとあまりギャグキャラとして動かせない。
だから勲子とおとんで描かれる事が少ないんじゃね・・・?(あくまで公式の割に、だけど)
ぶっちゃけ私も勲子は王と絡ませた方が動かしやすry(パアン

姉妹対決 後
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]