トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[124] [123] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [111] [315] [108]
2018/11/17 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/05/05 (Wed)
まとめ
姉妹対決 後

幸枝視点。
姉妹対決前あたりの話。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「幸枝、行かないの?」

「私なんかが行ったらイサの傷が開いちゃうわよ。」

イサが元彼に暴力を振るわれて入院した時、私は見舞いに行けなかった。

イサは私に劣等感を抱いている。
私が見舞いにでも行こうものなら、厭味と取られても仕方がない。

特に原因が元彼だなんて、余計に。
「お姉はモテるから、男にこんな杜撰な扱いなんてされないでしょ?笑えばいいじゃん。」なんて言われるのが目に見えてる。

・・・こんな事ばかり考えるから、イサとの溝が深まるのよ。

本当は素直にあの子を愛したい。
だけど、今更そんな事できない。



・・・だから、勲子の劣等感を拭うべく、陰ながら協力する事にした。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

昨日、初めてイサの片思い相手を見た。

一ノ瀬に比べたらまともそうな男だったけど、イサを傷つける可能性は十分ある。

あいつがイサに見合う男かどうか、見極めなければならない。

大通りを歩いていたら、見覚えのある顔があった。

「・・・あら・・・?いちナントカくん。奇遇ねぇ。」

「・・・あれ、勅使川の・・・。」

・・・ん?隣にいるのは・・・。

「!!!!一ノ瀬・・・!!」

・・・こいつが何でイサのクラスメートと・・・。

「あ・・・。あんたは・・・。」

「いちナントカ。あんた、こいつの友達?こいつがどういう奴か知ってるの?」
「・・・てしが・・・勲子さんの事ですか?」
「知ってるのね?じゃあどうして・・・。あんた、イサとはどういう関係?」
「・・・友達です。」
「挨拶程度?」
「・・・・・・・・・。」
「・・・違うわね?イサの言う近くに住んでて一人暮らししてる男の子って、あんた?」
「どうしてそれを・・・。」
「イサがよくうちで話すのよ、あんたの事。相当仲良しみたいね。」

・・・まあ、私に話してるんじゃなくて、お母さんにだけど。

「なのに、あんたときたら隠れてイサを傷つけた相手と仲良しこよし?イサを何だと思ってるのよ。」
「それは・・・。・・・だけど一ノ瀬と勲子さんは既に和解して・・・。」
「金積まれた事が和解なんて言える!?私は、二度もイサを傷つけたそいつが許せないの!!」
「いえ、示談の話ではなく、本当に・・・」
「つべこべ言うな!!あんたも一緒になってイサを傷付けてるんじゃないでしょうね!!」

「・・・はあ、話が通じそうにないな。いくぞ一ノ瀬。」
「あ、ああ・・・。・・・すみません。」

・・・何あれ!イサを裏切ったに等しいのに、何あの態度!!

本当、イサの周りにはろくな男がいないのね。
・・・イサが何をしたっていうのよ。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

イサも焦ったのだろう。最近、イサはあの男――山奥に、よく会っているようだ。
まあ、観察してるせいもあってそう感じるのだろうけど。

・・・だけど、その後帰って泣く事が多い。

その事を問い詰めても、山奥は言葉を濁すばかりだった。
イサの気持ちには気付いているのだろう。
なのに、イサの気持ちに向き合おうとはしていなかった。

「・・・イサに対して、態度が不誠実よね。あなた。イサの事、軽く見てる?」

「・・・勲子ちゃんの事、大切にしてるつもりよ。」

「・・・あなた、イサの事恋愛対象として見てる?イサが告白してきたら、受け入れる覚悟はあるの!?」

「・・・。・・・どういう事かしら?勲子ちゃんにとってアタシはただの相談役・・・」

「本当にそう思ってる?わかりやすいじゃない、あの子。ずっと、愛想だけ振り撒いて、最後に傷付くのはイサよ?」

「・・・・・・・・・。」

「あと、私の前でそのふざけた女言葉やめて。」

「・・・・・・幸枝さんは、本当に勲子ちゃんの事を大切に思ってるんですね。」

「・・・さあ、どうかしら。」

「彼女の気持ちには、既に気付いています。・・・だけど・・・。私には、彼女の気持ちを受け止める覚悟がない。」

「なにそれ。イサの事そういう目では見れないって事?だったらなおさら向き合わなきゃ。今更傷つくも傷つかないもない筈よ。

・・・イサにはね、もう男の事で傷付いてほしくないの。・・・・・・この二連休時間開けられるかしら。」


私は山奥に、遊園地のペアチケットを渡す。

「・・・イサの恋心から逃げないで。けじめ、つけに行ってきなさい。」

「・・・・・・。」

「・・・そうだ。一緒に服見ない?イサは絶対気合い入れて行くだろうから、あなたも気合い入れないと失礼よ。女装なんかした日にゃぶっころすからね。」

「・・・・・・・・・。」

・・・こいつも、大分精神的に参ってるみたいね・・・。
勲子の事、本当に大切に思ってるからこそなのね・・・。

こいつにだったら、勲子を任せてもいいかもしれない。勲子の傷を癒すのは、この男かもしれない。


・・・だけど、どうして?

どうして、勲子みたいないい子を、受け入れてあげないの・・・?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

幸枝さんは勲子に対してツンケンしてるけど、内心勲子をとても大切に思っています。
勲子を傷つける奴は許せません。


おとんに普通に喋らせたら違和感バリバリである。

完結
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]