トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[86] [85] [83] [82] [79] [78] [67] [61] [60] [56] [54]
2018/11/17 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/04/28 (Wed)
賢いのに、不器用な生き方する奴もいたもんだ。

計算で生きてる奴らばっかり見て来た俺にとっては不思議でしょうがなかった。

そこまで利口なら、もっと楽な生き方ができるんじゃないか?



王から見た勲子の話。通常王です。



「もう知りません!!関わらないでください!!」
「勲子ちゃん!待って!!・・・んもう。どうして最近あの子癇癪起こすのかしら。」



癇癪ねぇ・・・。あんたが泣かせたんだろうが。
・・・男の方も男の方だな。
あれだけあからさまな態度とられて、どうしていつまでも気付けないんだ。
あの人も、馬鹿ではなさそうなのに変な所で鈍感だ。



・・・勅使川が「好き」と一言言えば、こんなすれ違いは起こらないし、振られたとしてもこの後泣かされる事はないと思うが。
現状のままズルズル行ったら余計に苦しむ事になるだろうが。



「苦しいけどさ。振られる位なら今のままでいい。あの人は優しいから。今はこの関係を壊したくない。」



それは単なる臆病だ。・・・情けないね。
俺が口を挟むような問題じゃないけど。



「あんたには分からないか。そうだね、恋とかしないでしょ。自分の事で手一杯で。」



・・・確かにな。お前の気持ちなんてさっぱり理解できねーよ。

だけど、お前に足りないのは少しの自信だけっていうのはわかるよ。
だから、自信持てよ。堂々としろよ。俺より秀でた所のある奴がそうやってウジウジしてる所を見ると苛々するんだよ。



「・・・うちには足りない部分が多すぎるの。」



お前の気にする足りない部分なんて、くだらないような事ばかりじゃないか。



「うちは真剣に悩んでるの!!」



・・・あー、はいはい。分かった。この手の話題になると怒り出すからもうやめだ。



「・・・肩貸して。」



・・・あほか。こんな事するから誤解するんだろうが。

どうして俺に甘えようとするんだ。違うだろ。

あの先輩だって、誤解してる。



―――勲子ちゃんはひどい失恋の仕方をして、恋に臆病なのよ。優しくしてあげなさい。

―――あの子は癇癪持ちだけど、抱きしめて、頭を撫でてあげれば泣き止むのよ。・・・寂しいんじゃないかしら。


―――それはあなただけですよ。先輩。俺が同じ事をしたって、不審がられるだけです。


―――どうして?勲子ちゃんは王ちゃんの事・・・


―――気付いてないのはあなただけですよ。先輩。



・・・まあ、抱きしめるのは問題だが、頭撫でる位ならしてやれるか。

・・・おい、何そんなに驚いてるんだよ。柄じゃないって?わかってるよ。



・・・そもそも、お前みたいな面倒な奴と関わる事自体、俺らしくないんだよ。



・・・だから、俺の姿を見て駆け寄ってくるなよ。相手が違うだろ。
・・・俺は面倒事はなるべく避けるタイプなんだよ。お前の面倒なんて見てられるか。

・・・利用価値があるから振りほどかないまでだ。
だからそんな信頼の目を向けるな。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

勲子はコンプレックス後あたりから、王に信頼や憧憬の目を向けてます。恋愛感情とは別に。王もそれを理解してる。

ただ、おとんはそれを、「勲子は王に恋している」と誤解しています。
最近勲子が泣く事が多いのは、その誤解ゆえの行動からなんじゃなかろうか。

王が公式で勲子をどう思ってるかはぶっちゃけいざたん次第な訳だが、うちではあまり嫌わせてません。恋愛感情は抱かないだろうけどね。アホばかりの北斗の中じゃ、話は合う方かな。勲子は恋やコンプレックスが絡まなければ、落ち着いた子ではあるので。




・・・イッチーとすごい落差だな。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]