トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[385] [384] [430] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376]
2018/12/19 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/01/08 (Sun)
文字ネタ用画像おいついてないぜちくしょう。
爾のキャラもできてちょっと家の事情とか掘り下げられたかもしれん。




シガラミ

爾「おい梅香。さっき一緒にいた野郎は何だ?コレか?」
梅「答える義理はないわ。」
爾「家柄はどうなんだ?」
梅「関係ない」
爾「まぁ見る限り育ち良さそうだしそれなりの家柄なんだろうが、お前帝人の弟とも仲いいんだろ。ヒダリコーポレーションは今伸びてるし、そっちにしとけばいいんじゃねーの?」
梅「家柄で男を選べというの?笑っちゃうわ。」
爾「そうじゃねーと箱坂も納得しねーだろ。少なくとも俺より得になる相手じゃねーと。」
梅「どうして私があんな家の為に譲歩しなければならないの?」
爾「そーしねぇと丸く収まらないんだっつの!いい加減意地になってねーで分かれよ!」
梅「あんたには関係ないでしょう?婚約さえ破棄すればそれでオサラバなのだから。」
爾「・・・ちっ、勝手にしろ!」


爾「帝人に弟から聞き出してもらったけどよ・・・。鉢屋由真で間違いねぇか?」
梅「・・・・・・。」
爾「違ってたらいいけどよ。噂だとあの家今落ち目だぞ。現当主が全部食いつぶす勢いだ。」
梅「関係ないわ。鉢屋由真本人は有能な男よ。」
爾「そいつが有能だろうがなんだろうが、今のザマじゃまず箱坂に相手にされねーだろ。」
梅「家の為に男を選んでる訳じゃないわ。あんたもほんと分からないわね。」
爾「・・・俺だって分からない訳じゃねーよ・・・。けど、仕方ねーだろ・・・。」
梅「私は好きにやらせて貰う。あんたもわざわざ私に付き合うことはないのよ。・・・あきらめろっていうなら、むしろ邪魔よ。」
爾「かわいくねーやつ・・・。へっ、どうなってもしらねーぞ。」


前よりちょっと仲良くなってる気がする許婚。
こんなんでも爾は坊ちゃんです。

あと思いっきり由真の事を認めてるのでかなり打ち解けた後の話だと思う。
恋人っぽい関係になったとしてしばらく梅は素直にならない気がする。あくまで自分が上位だと思い込もうとする。




筋肉女子

みくしとぶろぐにうpったやつの加工なし。
筋肉を描きたいが為に描いた。
厚塗りで酷使したtkbは痛むが後悔はしていない。
しかしtkb痛めた割に結構のっぺりしているような気が。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]