トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[216] [215] [214] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205]
2018/07/23 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/06/18 (Fri)
嗣は今となってはすっかりいい子ですが、犯した罪は消えません。
勲子とは和解しましたが、嗣が勲子にした事は、嗣にとってはまだ軽いものです。
こっぴどく振って勲子にトラウマを植え付けた上に暴行。これは決して軽いものではないし、勲子は許したとはいえ今でもその傷は癒えません。

でも、それ以上に嗣は酷いことをしています。
嗣は何人もの女の子を騙して変質者のアジトに送り込んだ訳です。何人もの人生を目茶苦茶にした訳です。


以下、嗣の未来。
凄惨なので畳みます。


嗣は王のもとを離れて、一人、遠いどこかに行きますが、その先で順調に生活していたある日、被害者の一人が嗣の身元を掴みます。
被害者の恨みは深く、事件に関わって手にしたツテで、殺人依頼をします。

・・・そして嗣は、奇しくも20歳の誕生日に、殺害されます。


勲子達が嗣の死を知るのは、その数ヶ月後。
死体遺棄事件として、ニュースで報道されます。




・・・未来の死にネタって、過去より書くのが辛い・・・。(・ω・`)

でも、最初から嗣は、この方針でした。
最初はただの悪役で、勲子とは和解せずに、最終的に王にも見限られる予定でした。
でも、嗣に対して思い入れが強くなったばかりに、勲子とも和解して、友達もできて、ひとときの幸せを手に入れさせてしまいました。

だけど、悪いことをした事実は消えないので、やっぱり幸せな未来を与える訳にはいかないのです。


・・・それでも、そんな悪役だった彼の死に、涙を流してくれる人がいるのは、せめてもの救いだと思いたい。



悪役として生み出してしまってごめんね、嗣。酷い親だね。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]