トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
2018/11/18 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/05/31 (Mon)
勲子と康正

勲「風間くんって、よく山奥先輩んちの店で布買ってるよね。裁縫とかよくするの?」
康「ん・・・まあ、するよ。女々しいかな・・・。」
勲「んなことないよ。うちも、好きだしさ。」
康「・・・ん?それ刺繍?妙に綺麗だけど、自分で?(絵柄のセンスは謎だけど・・・。)」
勲「あーこれパソコンでやったからね~。」
康「ぱぱぱパソコン!?パソコンで刺繍できるの・・・?」
勲「うん。うちコンピューターミシンあってさ。デザインをパソコンで描いて、ミシンで出力すんの。」
康「あ・・・頭痛い・・・。」

王「ん?勅使川、風間と一緒なんて珍しいな。」
勲「あ、市ノ上。風間くん裁縫好きらしくて、その話で盛り上がってたの。」
康「あ、ごめん。俺お邪魔かな。」
王「何言ってんだ。邪魔してるのは俺の方だろ。」
康「でも・・・彼女だろ?」
勲「だっ誰が!誰の!」
康「あ、ごめん。違った?」
王「物分かりが良くて助かる・・・。」
康「でも、二人とも仲良いよね。」
王「う・・・ん?そうか・・・?よくわからないな・・・。」
康「市ノ上と勅使川さんって席遠いじゃん。なのによく一緒にいるな、って思って。」
勲「まあでもそういうんじゃないよ。話しやすいから一緒にいる感じ。」
康「市ノ上ってとても話しやすいタイプに思えないけど・・・。」


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

康正とイサは、手芸屋で会ってるならもっと早くに親しくなっててもいい気がするが、きっとイサが苦手なタイプだと思い込んでなかなか話せなかったんじゃないかな。一見クールだし。その為くん付け。

だけど意外と話しやすかったから、今後仲良くできるんじゃないかと思う。
PR
2010/05/30 (Sun)
慶「出たな妖怪!いさちゃんは食わせないぞ!」
王「はあ?」
慶「ようちゃん!一緒にやっつけよう!」
陽「イケメンくたばれ!」
ゲシゲシ
王「付き合ってられん・・・。おい、やめろチビ。飯原先輩まで何一緒になってんですか。」

勲「もう!慶ちゃんやめなさい!飯原先輩まで何やってるんですか!」
陽「イサイケメンの味方すんのか!?裏切り者!」
慶「ようちゃん!いさちゃんは何言っても聞かないよ!この妖怪に心を盗まれてるんだから!」
勲「はああああ!?何言ってんの!!どうしてうちが市ノ上に!」
陽「イサ心変わりしたの!?」
勲「してないいいいい!!!うち市ノ上みたいなほっそいの好みじゃないもん!!!!」
王「Σ細っ・・・!!!・・・orz」
陽「あれ、王ちゃん凹んだ!」
慶「わーい(*´∀`*)やっつけたー!」


勲「市ノ上・・・ほんっとごめん!」
王「俺にだって気にしてる事の一つ位・・・。」
勲「だ、大丈夫だよ!姫宮に比べたら十分逞しいよ!ほら!筋肉筋肉!」
王「さっ・・・触んな!・・・そうだよ・・・山奥先輩に比べれば大抵の男は細くて軟弱だろうよ・・・。けどさ・・・俺だって結構頑張ってんだ・・・。」
勲(凹んでる市ノ上なんて新鮮過ぎる・・・。)

王は筋肉つきにくいと聞いて。
容姿にスキがないと思っていた男の子の思わぬコンプレックスを発見してしまうイサ。ちょっと親近感。
2010/05/29 (Sat)
勲が嗣にフラれる前後の話。
慶三が杜若に入学するきっかけ。
慶三視点。
2010/05/28 (Fri)
腹を割って話し合おう


二次りゅーいさとわかおるで頭がカオスな事になったので、ちょっと頭を冷やすべく別の事を考えようと。


間を取って王勲小話と語り。(なんで
王がイサに説教(?)しとります。

CPとはちょっと違うけど。
つーかCPにしたら二次もいいとこである。でもりゅーいさという前提取っ払うとCPにもできる勢いなので、一応クッション。


CP未満な割になんだか語ることが多い。イサの設定や性格に直結してる所があるからか?
2010/05/26 (Wed)
相「お?おめえ、おとんにベタボレな一年じゃねえか。」
勲「でかい声で何言ってるんスかあああ!!!」
相「しっかしよぉ・・・おめーも面倒なのに惚れたなぁ・・・。オカマだから気付かねーのか知らんけど、いくら言っても信じねーで・・・。」
勲「ああもう!うるさいっス!ほっといて下さい!」
相「困った事があればいつでもワシに言えよ?」
勲「あー・・・ハイハイ。重い荷物だけでいいっス。」


勲「あ、市ノ上ー!」(トテトテ
王「(うわっ!来やがった!)な・・・何だよ。」
勲「そんなに身構えなくてもいいじゃん!・・・はあ、でもあんた位が安心する・・・。」
王「何の話だよ・・・。」


雪薙先輩は繊細な相談事に乗れないイメージがある。お節介だけどおおざっぱとか・・・なにそれかわいい。あ、繊細な所で気の利く男だったらごめんね!

改めて考えたらうちだと王がイサの保護者っぽい立ち位置にいる事に気がついた。常識人っぽいしな・・・。

あ、雪薙先輩の言葉遣いはまったくの捏造。フライング気味なので。
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]