トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
2018/12/19 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/12/08 (Wed)
シンプルに血縁まとめると
いとこ関係は

かざみ←→勲子←→仁志
嗣←→梅香←→幹(皇子と梅香に血縁関係はない)
亜女斗←→犬伏
正也←→宣孝(いとこではない)

でございます。



詳細は続きで。
ここで初出の設定も含みまする。

PR
2010/08/26 (Thu)
初め皇子の祖父が始めた中華屋を、左父が親戚の大企業であるヒダリコーポレーションの手を借り、持ち前のビジネス力を駆使して大型チェーン店に成長させた。

そして左家は富を得、左父は妻子ありながら愛人を抱えるようになった。

妻はそれを黙認していたが、ある日左父が愛人に子を孕ませ騒ぎになった時に、慰謝料と堕胎費用を払い、愛人と手を切って丸く収めようとした所妻が激怒。愛する心は同じと不貞を責める事はしなかったが、愛した以上は責任を持たなければならない、親子とも不幸にさせてはならないと、共に暮らし養うことで責任を果たす事を提案した。

左父はその常識を逸した妻の反応と提案に戸惑ったが、愛人がそんな懐の深い妻に感銘を受け、慕うようになったのを見て、その提案を呑んだ。



その後も左父は妻の説く愛の為に愛人を捨てる事が出来ず、それでも男の性として愛人を作り続けてしまい、養う為に金儲けに奔走している。

ただ、左父自身も、とんでもないお人よしで博愛主義な為、そんな妻の考えに不満はない。
また、会社の経営がうまくいっていれば、特に家の発展の事はそこまで気にしていない。
なので子供達には好き勝手させているし、愛人本妻の子もなく皆平等に扱ってるのである。


そんなこんなで左家は結構平和。
さすがに人数多いと色々トラブルはあるけれど。皆が皆納得いってる訳じゃない。
子を連れ、または子を置いて出て行く愛人も少なくない。

---

愛人の子は性格様々ですが、本妻の子は基本皇子に近い性格してます。恐らく本妻の教育の影響。本妻が堂々としたビッグママなので、子供達も堂々としています。あと言葉遣いが堅苦しい。皇子程極端じゃないけど。

左母は皇子そっくりかつ身体でかいです。神様みたいです。強く優しい母。
左父は女好きなだけのごくふつうのおっさん←

---

左家は父、本妻、愛人、子供達が一同に揃って、小ホールみたいな部屋に長いテーブルを囲んで食事をとります。席は基本自由。父と本妻は固定。
賑やかだけど疲れそうである。常に大人数の共同生活状態だしね。

集合しての食事は強制ではないので、部屋で食べたり、外食したりは自由。

部屋は、本妻の子に各一つずつ、愛人とその子供にもう少し広い部屋を各一つずつ与えています。

愛人の子でも申し出れば個人の部屋がもらえます。


風呂は大浴場(男女各一つずつ)と個人風呂がいくつかあります。

なんか・・・宿泊施設みたいな家である・・・。


どっからそんな金出て来るんだって話だが、左父がチェーン店成功の富をさらに金儲けに使っているからである。
飲食店チェーンの社長でありながら箱坂に目を付けられたのは、その経済力の高さ故でもある。
2010/08/22 (Sun)
普段のいさの私服イメージ。
あくまでイメージ。きっともう少しおしゃれ。センスが来い!
けっこう色使いどきついです。

男と会う用事の時は、女として評価されないように思いっきりボーイッシュにして化粧控えめにします。エクステ外します。

普段ピンで行動する時とか、女友達と会う時は普段のイメージに近い割とスポーティめなギャルっぽい格好。露出度は控え目。体のラインもあまり目立たないスタイル。


おとんに会う時はもっと女の子らしいかわいい格好で決めます。
イメージはさくやんとこのおされイサみたいな。
色使いも淡くかわいい感じになるかと。

ぶっちゃけおとんとの絡みが多くなると上の絵みたいな格好はあんまり描かないかもな・・・。
2010/07/19 (Mon)
市川姉妹の家のジャンク屋はパソコン関係専門です。

ジャンク品が主ですが、普通に動作確認とかされてる中古品も置いてます。マニアックな中古屋ってイメージ。



製造メーカー向けのバルク品(市販されてない新品のパーツ)も取り扱ってたり。

普通の店じゃ売ってない、骨董品的な超レアな物とか、業務用ワークステーション(特殊業務に特化した高性能なパソ。プロダクトデザインとか組版とか数値解析とか色々)なんかも置いてます。



・・・まあ、何でもアリな、知る人ぞ知る店。


パソコン自作する千沙華なんかは利用してるんじゃないかな。
色々安く手に入るしね。




母親はコンピューター絡みの会社の偉い人です。(アバウト
その繋がりで色んなツテができて、色んな物がジャンク屋に集まります。(アバウト

楠木学区にジャンク屋とは別の一軒家を持ってます。そこがメインの家。

ただ、由布女は趣味の為にジャンク屋の方に住んでる。頻繁に店に出没します。亜女斗は行ったり来たり。
2010/07/16 (Fri)
勲(ん・・・?陸上部マネージャー募集・・・?

陸上部には先輩もいるし、やってみようかな。
そうすれば先輩の部活堂々と見れるし・・・。先輩はあまりいい顔しないだろうけど。

・・・だけど、うち、テキパキ動けないし、失敗も多いし、気が利かないからな・・・。

それで先輩に嫌われたら、やだな・・・。


・・・やっぱやめよう。)




いさはおとん追っかけて北斗入ったんだから、陸上部のマネージャーになった方がお近づきになれるって考えるのが自然だと思うのだよ。


だけど、精神的な問題でそれができなかった。



ちなみにいさはバイトしてません。動き回る事に苦手意識があるので。対人関係にも自信ない。(友達関係とは別ね。仕事での関係。)

代わりに内職取って小遣い稼ぎしてます。針仕事系だったり、印刷物関係だったり。仕事は速いです。部品検査は割が合わないのでしてません。
学校もあって特別授業も受けているので、仕事は程々に取ってます。月1~2万程度の稼ぎ。これでも時間で考えれば内職としては効率よく稼いでいる方。

針仕事系だったら間に合いそうにない時は康正あたりにヘルプ頼んだりする事もあるんじゃないかな。


ちなみにいさの家は重治さんが結構な高給取りなので、必要に迫られて稼いでいる訳じゃありません。
趣味に金がかかるのでそれを少しでも補っている感じ。
あまり趣味で親の金使い込むのも心苦しいと考えているので。
ただ、足りないことも多いので、度々お小遣いは貰ってます。
バイトもしたいとは考えているけど、踏ん切りがつかない状態。


いさは教師を目指して勉強してるものの、未来の展望は真っ暗です。うまくいく自信が無い。
ただ、王や那奈に「教え方が上手い」と言われて、漠然と「向いてるのかもしれないなぁ」と思った事からなんとか未来の方針を見出だした感じ。内心では本当に教師になれるとは思っていない。
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]