トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [400] [399] [398] [397]
2018/12/19 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/01/08 (Sun)
出だしからひどいwwwwwww

ヲタネタと版権ネタといきなりシリアスに小学時代の話。



処女厨

「中古はなぁぁぁ!!!
新品には成り得ないんだよぉぉぉおぉ!!!

処女化とかナメてんのかぁぁぁぁぁぁあぁぁ!!!!」

---

亜女斗は基本処女厨です。
NTR?知らんな!ヲタの夢は純愛にこそアリ!


エロゲはエロゲでも色々区分あってな・・・
亜女斗のジャンルは処女厨御用達なゲームなのよ・・・

鍵信者。最近非アダルトばっかだけどあくまでエロより美少女とシナリオ目当てなので。

---

女子中学生の皮を被ったキモオタ・・・((



ちなみにワシは処女厨にあんまり同調できん。
NTRとまではいかんが修羅場好きなもんでな・・・((

---

処女化ってアレね。
ヒロインが非処女で処女厨発狂してリメイクや移植で設定変えちゃう事ね。

エロゲじゃないけどテイ○ズの某桃色娘とかね。

---

おにぎり一番最初のネタがこれかよ・・・((
ひどいな・・・(((

そしてこの亜女斗汎用性ありそう




某アクションパズルの

※版権コス


亜「ユウキとアイキ~は今の子知らないだろうからセー○~♪」
愛「あんたは今の子じゃないの・・・?」
宣「何一般人巻き込んでんだよ」
亜「いーじゃないですかぁ~。ぷよ○よなら知名度高いでしょ?」
愛「あの・・・そろそろ着替えていい?」
亜「やっぱりアイキさんは元が萌え萌えなだけにコスプレ似合いますなぁ~。グフフフフフフ」
愛「こ・・・怖いんだけど・・・。」
亜「うーん・・・。折角主人公で揃えたんだからり○ごちゃんも欲しい所・・・。あ、そーだ宣孝、十さん連れてきてくださいよ。」
宣「Σオレのクラスメイトまで巻き込むなよ!」
亜「十さんにり○ごちゃんコスって絶対似合うと思うんですよねぇ~。そして「興奮してきた☆」って言って欲しい・・・グフフフ・・・」
宣「絶っっ対に連れて来ないからな!」


版権ネタスマソ

アメティ・・・(((
名前も似てると思ったらカラーリングまでそのまんまだったよアメさん・・・
全く狙ってないのに・・・((

ちなみに描けなかったけどわたしはりんご派だ。
主人公ズみんなかわええけど。




かえたんのコメから

かいてみたった

---

や ら な い か

と言いながらこよみんの後についてきます。




惜しまれや

亜「風間先輩。その方とはどういう関係で?」
勲「へ?うち?」
亜「最近よく一緒にいるところ見ますけど。」
康「ああ、市川さんは知らないんだっけ。クラスメイトの勅使川さん。市川さんちの店の近くに手芸屋あるでしょ?そこでよく会うんだ。それでよく趣味の話したり・・・。」
亜「手芸屋・・・。・・・なるほど、付き合ってるわけじゃないんですね。」
勲「ブッフwwwwあ、いや、そんな羨ましい関係じゃないよww」
康「市川さん最近店の方に来ないね。宣孝くんはよく見るのに。」
亜「あ・・・。ええ。まぁ・・・。」
勲「・・・じー・・・。」
康「な、なに・・・?勅使川さん・・・。」
勲「このモテモテリア充が・・・。」
康「え?何の話?」
亜「そんなんじゃないです。風間先輩をそんな俗っぽい見方しないで下さい。」
勲「Σえぇ?何この子!」
康「あはは・・・あまり気にしないで・・・。」
亜「あなた、風間先輩の事どう思ってるんですか?」
勲「どうって・・・。いい友達だと・・・。」
亜「うわ安っぽい・・・。このビッチ」
勲「はぁ!?さっきからなんなのこの子!」
康「も・・・もうやめてよ・・・お願いだから・・・(;ω;)」
亜「Σはっ!風間先輩を困らせてしまった!す・・・すみません!」
康「わかればいいけどさ・・・(;ω;)」
亜「とにかく!そこの・・・テシガワさん!風間先輩は凄い人なんですから!そんじょそこらの男とは違うんですから!」
勲「へ・・・へぇ・・・。そうなの・・・。」
康「市川さ・・・」
亜「それじゃあ失礼します!」パタパタパタ・・・

康「・・・・・・。」
勲(・・・?あれ?風間くん怒ってる・・・?)
康「いい加減にしてよ・・・。(・ω・`)」
勲「風間くーん?」
康「・・・あ、何?」
勲「あ・・・いや、さっきの子凄かったな・・・って思って。」
康「ごめん。あまり気にしないで・・・。俺、何も凄くなんてないからさ・・・。全然。」

亜女斗は小学生の時康正に憧れて野球チームに入って、康正が怪我で野球ができなくなった事にショックを受けて野球を辞めた経緯がある。
でもスポーツは好きなので、その後色んなスポーツに手を出して、最終的に陸上に落ち着いた。

今でも亜女斗は「野球が強い康正」に憧れを持ち続けており、康正本人よりも怪我をさせた奴らを憎んでいる。
未だ康正が野球できなくなった事を受け入れられずにいて、昔の憧れそのままに康正を見ているので、今現在の康正の事がほとんど見えていない。
とはいえ完全に見ない振りをしている訳ではなく、自分がスポーツを辞めざるを得なくなった事を康正に重ねていたりもする。

康正の前だと憧れもあってやや真面目モードになるので、亜女斗のしゃべり方がいつもより普通っぽい。いつものおちゃらけ電波おやじの亜女斗はどこへやら。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]