トリモチ切断 忍者ブログ
東西南北くすつば!企画用ブログ
[328] [309] [327] [326] [325] [323] [322] [321] [318] [317] [314]
2018/12/16 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/12/09 (Thu)
ネタ元:さくやんのボイス及び呼吸音楽&ぴくしぶ(多いな!
140cmかわいいな!流行れ!
そうか・・・みんながよしたかサイズか・・・小さいなおい

しかしいさが140cmになったらコンプレックスが消えうせるから陽平と同族じゃなくなるよね。
なにそれおいしくない((
「イサばっかりずっりぃ~( ´・ω・`)」
ってなるよね。

あ、でも短足は加速するね!((


そして陽平がいさをうらやましがって

「その願い叶えてしんぜよう」シャラーン

陽平まで140cmになる。地味だな!



陽「そういう意味じゃねぇぇぇぇぇぇ!!!!」




なにこれおいしい(((






続きからなつかしいノリのネタ。

らくがきクオリティひどいから畳む(((

陽平を期待する人が大半だろうが陽平は出てきません。あしからず。




勲「ほらほらお揃いお揃い!」(袖が
王「・・・お揃い以前に色々問題があるだろう。」



王「何故いきなり縮んだんd」
勲「わーすっごい!市ノ上がかっこよく見える!」
王「何一つ変わってないが?むしろお前g」
勲「おー!ちっちゃーい!手もちっちゃい!なんかうち可愛くなってるー!」
王「背丈が変わっただけで容姿のレベルは全く変わってないだろう」
勲「うちが小柄を謳歌してるってのに水差すな!」
王「だったら俺に話しかけるな」

凛「あれー?いさっちちっちゃーい!」
勲「お・・・おお・・・!黒ゴマを見上げる・・・だと・・・!?」
王「何震えてんだ」
勲「これは喜びに打ち震えているのだよ市ノ上くん・・・!この喜び貴様にはわかるまい・・・!」
王「全く理解できない。理解しようとも思わない。」
勲「でもさでもさ、市ノ上だっていつものうちよりこっちのがいいでしょ?」
王「全くもってどうでもいい。何の変わりもない。」
勲「・・・・・・む・・・。」
王「何だ、小さくなったことを喜んで欲しいのか?だったら俺じゃなくて山奥先輩にでも会って来たらどうだ?」
勲「・・・・・・。」
王「・・・・・・。」
勲「・・・それで、喜ばれたらさ・・・、それはそれで傷つくし・・・。これ、いつまでも続く訳じゃないみたいだし・・・。」
王「ああ、そう。じゃあどうしたい訳?その小さい体で。」
勲「・・・知らない!ほんっとデリカシーないよね!」(ぷいっ
王(面倒な奴・・・。)




戻った後

勲「あ~・・・。せっかく小さくなれたのに・・・。またこのかわいげないサイズとお付き合いかぁ・・・。」
恭「でもいいんじゃないか?今の大きさの方が意中の相手とのバランスが取れててさ。」
勲「えっ///や、やだなぁ先輩!誰の事ッスか!?」
恭「はははっ、さぁねぇ?」

勲(・・・そう思えば図体でかいのも悪くない・・・かな・・・?やっぱり嫌だけど!)





浮かんだネタが流れと逸れたORETOKUでごめんよ((

おくにさんは北斗二年勢で唯一いさの意中の相手を知ってるんじゃなかろうか。
さゆりはどんどこ見る限りちっとも気付いてなさそうだし((
ゆうちゃんは詠悸だと勘違いしてる←
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]